Scilabでのシミュレーション方法


トップメニューへ

Scilab

Scilabとは
インストール/起動方法
起動画面

Scilabの使い方

<XCOS>
  使い方の基本
  シミュレーション方法
  パラメータ設定方法
  サブシステム化
  Scilabブロックの説明
   一覧
   CLOCK
   CLR
   CLSS
   CONST
   CMSCOPE
   CSCOPE
   DEMUX
   DERIV
   GAIN
   GENSIN
   GENSQR
   INTEGRAL
   MUX
   PRODUCT
   PULSE_SC
   STEP_FUNCTION
   SWITCH2
   TIME_DELAY
<コンソール>
  使い方の基本
  ボード線図の描き方
  行列で連立方程式を解く
  関数の説明
   一覧
   bode
   poly
   syslin
   ppol

最終更新日:2016/11/04          

設計結果がどうなるかを確かめるためのシミュレーション方法を説明します。試しに ステップ応答にゲインをかけた結果がどうなるかを確かめてみます。

まず以下のようにパレットブラウザからブロックをドラッグ&ドロップして配置し、各ブロック同士を繋げます(設計方法の詳細説明はこちら)。 ブロックを繋げ終わったら、▷のマークのボタンを押してシミュレーションを開始します。



シミュレーションボタンを押すと、別ウィンドウが表れてシミュレーションが実行されます。ただやってみたら分かるのですが、 初期設定ではシミュレーション時間が長く、いつまで経っても終わらないと思います。そこでシミュレーションの設定を変えてみます。

<初期設定でのシミュレーション結果>


■シミュレーション設定変更
以下のように、シミュレーションパラメータの"積分終了時間"を"5.0E00"に変更します。積分終了時間はシミュレーションの終了時間のことで、 これは5.0E00は5秒の事です。E00の部分は10の0乗という意味なので1です。E01ならば10の1乗です。



次にクロックの設定を変えます。クロックをダブルクリックして以下のような設定に変更します。 YminとYmaxはグラフ縦軸の最小値と最大値を意味します。Refresh periodはグラフ横軸に表示する時間を意味します。 例えば5と設定すると、5秒毎に値がリフレッシュされます。今回シミュレーション時間を5秒としているので、こちらも5に設定します。 仮にシミュレーション時間を10秒にしてこちらを5秒にすると、最終的にグラフに表示されるのは5秒~10秒までの間の結果です。



この設定でシミュレーションをかけてみましょう。以下の様になると思います。 一点注意しなければならないのは、設定を変えた後にシミュレーションを行ってもグラフに結果が反映されない場合があります。 その時には、一度グラフを閉じた後に再度シミュレーションをかけるようにしましょう。


実は先ほどの設定だけでは不足があり、追加で以下設定が必要になります。これはシミュレーションの間隔を意味しており この値が小さければ小さいほど、細かな感覚でシミュレーションします。グラフ上ではシミュレーション間隔の値は 線形補完して表示するので、シミュレーション間隔が荒いと先程のように見えてしまいます。


設定変更後の結果は以下のようになります。


これでシミュレーションの基本的な設定は終わりですが、ステップ開始時間とゲインを変えたときの結果を最後に見てみましょう。


結果は以下のようになります。






















inserted by FC2 system