CLOCK(Scilab)の使い方


トップメニューへ

Scilab

Scilabとは
インストール/起動方法
起動画面

Scilabの使い方

<XCOS>
  使い方の基本
  シミュレーション方法
  パラメータ設定方法
  サブシステム化
  Scilabブロックの説明
   一覧
   CLOCK
   CLR
   CLSS
   CONST
   CMSCOPE
   CSCOPE
   DEMUX
   DERIV
   GAIN
   GENSIN
   GENSQR
   INTEGRAL
   MUX
   PRODUCT
   PULSE_SC
   STEP_FUNCTION
   SWITCH2
   TIME_DELAY
<コンソール>
  使い方の基本
  ボード線図の描き方
  行列で連立方程式を解く
  関数の説明
   一覧
   bode
   poly
   syslin
   ppol

最終更新日:2016/11/04          

ブロック一覧はこちら

■ブロック
信号源
 

■説明
ブロックのイベント発生タイミングを出力します。

<パラメータ設定>
・間隔:イベント発生間隔を定義します。
・初期化時間:イベント発生開始時間を定義します。

 

<事例>
①ではパルスジェネレータからのパルス発生タイミングを定義し、②ではモニターのサンプル周期を定義してます。 パルス出力が0.5秒から開始していることに注目です。





ここで、②の間隔を0.1にすると以下のようになり、きちんとした矩形波として表示できなくなってしまいます。 これはサンプル間の表示は線形補完するため、このような表示となってしまいます。パルスジェネレータが このような出力をしている訳ではありません。



■関連ブロック
上記説明に出てきたブロックについて知りたい場合は下記ブロックをクリックしてください。

 





















inserted by FC2 system