MUX(Scilab)の使い方


トップメニューへ

Scilab

Scilabとは
インストール/起動方法
起動画面

Scilabの使い方

<XCOS>
  使い方の基本
  シミュレーション方法
  パラメータ設定方法
  サブシステム化
  Scilabブロックの説明
   一覧
   CLOCK
   CLR
   CLSS
   CONST
   CMSCOPE
   CSCOPE
   DEMUX
   DERIV
   GAIN
   GENSIN
   GENSQR
   INTEGRAL
   MUX
   PRODUCT
   PULSE_SC
   STEP_FUNCTION
   SWITCH2
   TIME_DELAY
<コンソール>
  使い方の基本
  ボード線図の描き方
  行列で連立方程式を解く
  関数の説明
   一覧
   bode
   poly
   syslin
   ppol

最終更新日:2016/11/04          

ブロック一覧はこちら

■ブロック
信号の配線
 

■説明
入力信号を束ねます。

<パラメータ設定>
いくつの信号を束ねるかを設定します。 単純に束ねるだけなので、束ねた信号同士足し算等される訳ではありません。



<事例>
下記事例ではMUXブロックを使うことで2つの効果を出すことが出来ます。

①束ねた信号にまとめて同一処理を与えることが出来ます。こうする事でプログラムの可読性が向上します。 本事例では、割り算をまとめて実行しております。注意する事として、それぞれの数(ここでは8と6) に対して、割る数を指定する(ここでは2と3)必要があります。

②更に束ねた信号をまとめてスコープで表示することが可能です。

  


■関連ブロック
上記説明に出てきたブロックについて知りたい場合は下記ブロックをクリックしてください。

   





















inserted by FC2 system