CMSCOPE(Scilab)の使い方


トップメニューへ

Scilab

Scilabとは
インストール/起動方法
起動画面

Scilabの使い方

<XCOS>
  使い方の基本
  シミュレーション方法
  パラメータ設定方法
  サブシステム化
  Scilabブロックの説明
   一覧
   CLOCK
   CLR
   CLSS
   CONST
   CMSCOPE
   CSCOPE
   DEMUX
   DERIV
   GAIN
   GENSIN
   GENSQR
   INTEGRAL
   MUX
   PRODUCT
   PULSE_SC
   STEP_FUNCTION
   SWITCH2
   TIME_DELAY
<コンソール>
  使い方の基本
  ボード線図の描き方
  行列で連立方程式を解く
  関数の説明
   一覧
   bode
   poly
   syslin
   ppol

公開日:2016/11/04 , 最終更新日:2019/7/10          

ブロック一覧はこちら

■ブロック
出力/表示
 

■説明
入力信号を複数のグラフ上に表示します。

<パラメータ設定>
 ・Input port sizes:入力ポート(信号)数を定義
 ・Drawing color:チャートの色を指定。例えば1が黒、3が緑、5は赤
 ・Ymin vector:縦軸の最小値
 ・Ymax vector:縦軸の最大値
 ・Refresh period:グラフ横軸に表示する時間

入力ポート数を増やすには、上記パラメータをセットでポートの数だけ数値を定義する必要があります。



<事例>
  

  

■関連ブロック
上記説明に出てきたブロックについて知りたい場合は下記ブロックをクリックしてください。





















inserted by FC2 system