Scilabブロックのサブシステム化


トップメニューへ

Scilab

Scilabとは
インストール/起動方法
起動画面

Scilabの使い方

<XCOS>
  使い方の基本
  シミュレーション方法
  パラメータ設定方法
  サブシステム化
  Scilabブロックの説明
   一覧
   CLOCK
   CLR
   CLSS
   CONST
   CMSCOPE
   CSCOPE
   DEMUX
   DERIV
   GAIN
   GENSIN
   GENSQR
   INTEGRAL
   MUX
   PRODUCT
   PULSE_SC
   STEP_FUNCTION
   SWITCH2
   TIME_DELAY
<コンソール>
  使い方の基本
  ボード線図の描き方
  行列で連立方程式を解く
  関数の説明
   一覧
   bode
   poly
   syslin
   ppol

最終更新日:2017/2/15          

モデルの構造が複雑になってきた場合、それらの構造を一つのブロックとしてまとめてしまい、 外からは中身が見えない様にすることが出来ます。これをサブシステム化と言います。 機能毎にサブシステム化する事で、機能毎の役割が明確になりモデルの可読性が向上します。

以下のモデルを例にします。


まず、マウスでサブシステム化したい範囲をドラッグして選択します。


次に、ブロックが選択された状態で右クリックし、"スーパーブロックへのセレクション"をクリックします。


するとこのようにブロックがサブシステム化されます。(ただし結線が乱れてしまいますが、この図はきちんと整列させてます。)


この様にブロックの中は元の構造が残っています。






















inserted by FC2 system