Scilabでの行列の書き方、連立方程式の解き方


トップメニューへ

Scilab

Scilabとは
インストール/起動方法
起動画面

Scilabの使い方

<XCOS>
  使い方の基本
  シミュレーション方法
  パラメータ設定方法
  サブシステム化
  Scilabブロックの説明
   一覧
   CLOCK
   CLR
   CLSS
   CONST
   CMSCOPE
   CSCOPE
   DEMUX
   DERIV
   GAIN
   GENSIN
   GENSQR
   INTEGRAL
   MUX
   PRODUCT
   PULSE_SC
   STEP_FUNCTION
   SWITCH2
   TIME_DELAY
<コンソール>
  使い方の基本
  ボード線図の描き方
  行列で連立方程式を解く
  関数の説明
   一覧
   bode
   poly
   syslin
   ppol

最終更新日:2018/1/5          

Scilabは行列計算をするのが得意で、以下の様な連立方程式も行列を使って簡単に解けるので、そのやり方も説明します。



■行列で表現
上記連立方程式を行列表現すると以下となります。



Scilabで上記行列A,Bを定義してみます。以下の様にコンソールに入力。行を改行する場合は;(セミコロン)を入力します。

=========================
A=[2 1;1 2]

B=[4;5]
=========================

コンソール画面は以下のとおり。赤線が入力部分になります。


■連立方程式を解く
上記行列はA*X=Bという関係になっていますが、ここからXを求める場合、以下の様にAの逆行列をBにかければ良いことが解ります。



Scilabで逆行列を求める場合はinv(A)と記載します。従って連立方程式の解を求める場合は以下と記載します。

=========================
inv(A)*B もしくは、

A\B
=========================

コンソール画面は以下のとおり。x=1 , y=2と求まりました。























inserted by FC2 system