Scilab関数の説明:polyとは


トップメニューへ

Scilab

Scilabとは
インストール/起動方法
起動画面

Scilabの使い方

<XCOS>
  使い方の基本
  シミュレーション方法
  パラメータ設定方法
  サブシステム化
  Scilabブロックの説明
   一覧
   CLOCK
   CLR
   CLSS
   CONST
   CMSCOPE
   CSCOPE
   DEMUX
   DERIV
   GAIN
   GENSIN
   GENSQR
   INTEGRAL
   MUX
   PRODUCT
   PULSE_SC
   STEP_FUNCTION
   SWITCH2
   TIME_DELAY
<コンソール>
  使い方の基本
  ボード線図の描き方
  行列で連立方程式を解く
  関数の説明
   一覧
   bode
   poly
   syslin
   ppol

最終更新日:2017/4/24          

■説明
多項式の根を与えると、その根を持つ多項式を作ります。

■関数
p=poly(a,"vname")

 a:実数もしくは行列を定義
 vname:多項式変数を定義

■使用例①
例えば、-3と-4を根とする多項式を求める場合、以下のとおりコマンドを入力します。

a=[-3 -4];
p=poly(a,"x");



次に、pと入力してEnterを押すと、2次方程式が出力されます。これが、-3と-4を根とする多項式となります。



■使用例②
根を0としてみます。
p=poly(0,"x");



これがどのような役割になるかというと、pを多項式変数として扱う事ができます。 具体的な事例はこちらで説明。























inserted by FC2 system